猫の爪とぎの秘密!

猫との生活

猫の爪とぎをする習性

猫には爪をとぐ習性があります。

壁や柱で爪をといでいる姿を見たことがあるのではないでしょうか。

 

我が家の猫もお気に入りの場所、特に柱や畳なんかもひっかく姿がみられました。

この爪とぎ、飼い主にとっては頭を抱えることもあります。

 

やはり家の中がぼろぼろになるというのが一番ではないでしょうか。

では、一体爪とぎとはどんな意味を持っているのでしょうか?

 

そしてどうやった上手なしつけができるのか考えてみたいです。

 

爪とぎをする理由とは?

がりがりと爪をとぐ姿はかわいいですが、その意味を考えたことがあるでしょうか。

よく見られる行動だからこそ、そこには理由があります。

 

マーキング

肉球ににおいがあり、爪をとぐことでにおいが付きます。

それにより縄張りを表します。

外で木で爪をといでいるのはその為です。

 

ストレス解消や気分転換に

現在、室内飼いの猫が多くなっています。広く走り回れる空間が家の中では十分にとれず、猫もストレスが溜まってしまいます。

他にも、構われ過ぎることもストレスになったりと、猫にとってのストレスは、人間と同じように様々なことが要因となっています。

 

そのストレス解消や気分転換に爪とぎをしています。

ストレッチも兼ねていると言われています。

 

飼い主に遊んでほしい際のアピール

飼い主のそばや家族がいる目の前で爪とぎを行うことは「遊んでほしい」「かまってほしい」という時のアピールです。

猫は構われ過ぎも嫌ですが、甘えてもきます。

 

そのアピールの一つに爪とぎがあるとはなかなか気づきません。

 

古くなった爪を取り除いている

人間同様猫は爪がのびます。しかし人間と大きく違うのは爪が層になっていることです。

爪をとぐことによって、生活する上で不便な古い層の部分が取り除かれ快適になります。

 

爪をといだ付近で粉状のものがあったり、薄い膜があったら爪の一部です。

 

武器としての維持

猫は繁殖期や縄張り争いの際に喧嘩をします。

相手を攻撃する際に爪が鋭い方有利です。

 

また、肉食動物の猫は狩りを行います。

実際我が家の猫は外に出した際にネズミや一番驚いたのは鳩を捕えたこともありました。

このように獲物を捕まえる際にも爪が尖っている方が良いのです。

 

木に登りやすいように

先ほども説明しましたが、猫は喧嘩をします。

相手を攻撃することもありますが、逃げることも重要です。

 

猫は犬と違い木に登ることができます。しかし、その際に爪が鋭くなければ木に爪が引っ掛かりにくく登りづらくなります。

その為に爪とぎは重要となってきます。

 

爪とぎのしつけ

この爪とぎですができれば上手にしつけをしたいものです。

しつけのポイントとしては初めが肝心です。

 

トイレ同様子猫のうちに教えてあげると習慣が付きます。

そうすることで家を守ることができます。

 

一番多くの人が利用しているのは爪とぎ板です。

なるべく多くの爪とぎ板を猫の好きそうな場所に置くことをおすすめします。

素材も段ボールや麻、木製、カーペット製などがあります。

猫に応じて選んであげてください。

我が家の場合ですが、家の中をひっかく場合もありましたが、基本的には爪とぎ板で爪をといでいました。

そのきっかけ作りはとても簡単なものです。

 

猫を爪とぎ板の側に連れて行き、飼い主の私が猫の前足を持ちます。

そして爪とぎ板で何度か爪をひっかいてあげました。

 

「ここで爪をとぐんだよ」と教えてあげるようにします。

そうすることでにおいが付き、次から爪とぎ板で爪をといでくれるようになりました。

 

爪とぎに年齢は関係ある?

実は猫は歳をとると爪とぎをあまりしなくなります。

その理由としては爪とぎをするのも体力が必要なのです。実際に我が家の猫がそうです。

 

以前は頻繁に爪とぎをしていましたが、歳をとると寝ていることが多く減っていきました。

それと同じように毛づくろいも回数が減りました。

 

このことを獣医師に尋ねてみると、若い時には爪とぎも毛づくろいも必要なのだが、歳をとるとそれ自体に興味がなくなり、体力を温存することに勤めるそうです。

つまり、爪とぎをしている間は健康な証拠なので覚えておきましょう。

 

まとめ

人間にとっては困る爪とぎも、猫にとったら大切な行動の一つです。

家がぼろぼろになるからやめさせたいという飼い主の気持ちも理解できますが、それでは猫のためになりません。

上手にしつけてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました