多頭飼いの猫の序列についての疑問

多頭飼い

どの世界にも存在する「序列」というもの。

百十の王ライオンなんて言われますが、イメージとして、動物界でライオンは最強で最高位に君臨していると思っている人も多いのではないでしょうか。

 

動物という大きなくくりにしましたが、感情を持ち合わせた人間は、その「序列」が非常に際立つ生物と言ってもよいかもしれませんね。

そんな「序列」が猫の世界にも実は存在します。それが猫にとってどのような影響を及ぼすのでしょうか。

また多頭飼いの場合猫の序列も注目してみたいと思います。

 

本来の猫の姿とは?

猫は縄張りを持っている動物です。

特に雄は「ここからここがオレの領域だ」と言わんばかりに、マーキングをしていきます。

 

野良猫がたくさんいるような地域では、その領域をめぐってや、雌猫をめぐって喧嘩が勃発します。

その結果、やはり「強い猫(ボス)」と「そうでない猫」といった「序列」が生まれるのです。

 

雌猫も強い猫の遺伝子を残したいために、ボス猫がモテるということにもなるのです。

何度もボス猫に喧嘩を挑む猫もいれば、仲間(家来や手下なのかもしれません)になる猫もいることは事実です。

性格や相性でその関係性は異なるでしょう。

 

多頭飼育の飼い猫の場合

多頭飼育をする際には、最初から多頭で飼い始める人は少ないと思います。

1匹まず飼っていて、2匹3匹と数が増えるのではないでしょうか。

 

その際、縄張りなどは家の中で飼ってしまえばあってないようなものです。家の中がどの猫にとっても縄張りと化します。

そうなると、やはり優位に立つと言われるのは先住の猫が多いとされています。

 

これが後からきた猫にとって大きなストレスを与える可能性もあるので、様子を見ながら先住の猫と後からきた猫との距離を縮めていく必要があります。

しかし、飼い主も気づかないうちにどんどん序列によるストレスを抱え込むケースもあります。

 

そんな異変に気付いた時には、猫同士を接触させずに少しの間生活させてみるのも効果的でしょう。

飼い主の言うことをしっかりきく猫であれば、多少は序列を教えることが出来ます。

 

教えるというよりは、感じ取ることができるのかもしれません。

飼い主にどうすれば褒められるのかなどを考えた時、自然と他の猫をいじめないと言ったことを身につけます。

 

親子での多頭飼育の序列

我が家も多頭飼育をしていたのですが、雄雌の親子でした。

母猫が1歳の時に出産し、産後すぐは面倒を必死に見ていました。

 

これは我が家だけかもしれませんが、子供が大きくなるにつれ、親子は仲間や友達のようになりました。

しかし、段々と様子を見ていると子供の方が優位なのではないかと思うようになりました。

 

親子以外の多頭飼育とはここが異なる点なのですが、親は子を守るために自分を犠牲にしているように思えたのです。

子供のわがままに見える行動に付き合い、食事も親は子供が食べた残りを食べていました。

 

2匹分準備しても常に子供が先に食べてしまいます。

それを怒ることもなければ横から食べるなんてこともありませんでした。

 

これを序列と呼んで良いものかわかりませんが、2匹はそれが当たり前な風で生活していました。

我が家の猫は外にも出していたのですが、外に出ると行動は別になることが多かったです。

一緒に行動する際は、やはり子供の方が常に優先でした。

 

飼い主の私が「子供を優先しなきゃだめ」といった態度は一度もとったことはありません。

逆に「おかあさん(母猫)に先にご飯を食べさせてあげて」と子供に促すことはありました。

それでも変化がなかったのです。

 

同じ年齢での序列

その他のケースでは、同年齢での序列です。

これは性格によりますが、力関係にかなり影響されます。

 

すぐにちょっかいを出す猫、無理矢理にご飯を奪おうとする猫もいます。

このようなケースではケンカの強さが序列に関係してきます。

 

僕は猫の餌をあげる時は全て均等にあげていますが、早く食べ終わった猫からまだご飯が残っているエサ場へ行き、ご飯を奪おうとする猫もいます。

これは飼い主が防止策をうたないとダメです。

 

しっかり怒るなり、対策を立てた方が良いです。

僕は基本的に時間がある時はご飯を食べ終わるまで監視しています。

この時は奪い合う事はしませんが、見ていない時は力が弱い方がご飯を盗られているケースが多いです。

まとめ

猫の世界でも序列はあります。

多頭飼いになるとそれを目の当たりにするでしょう。

 

親子であれそうでない猫であれ、少なからず「悲しい思いをしている猫」が出てきます。

その猫に対してどのようなケアができるかが重要なポイントではないでしょうか。