【水分補給】給水器を使えば、猫に水を飲まる事ができるのか?

猫用品
dav

子猫って何を飲むイメージがあるでしょうか。子猫なら水分補給は母乳やミルクだと思います。しかし人間の子供と一緒で、いつまでも母乳を飲むわけではありません。

 

母乳以外のものを口にするようになると他のもので水分を得るようになります。

人間はお茶やスポーツドリンク、清涼飲料水など様々なもので水分を摂取しますが、猫の場合基本的には「水」で水分を摂取します。

しかし、家で飼っている猫の中にはこだわりがありすぎて、飼い主の思うように水を飲んでくれない猫もいます。

では、どうやったら上手に猫に水を飲ませることができるのでしょうか。

 

猫にもこだわりがあるのか?

我が家の猫も含めてこんな猫はいないでしょうか。

ご飯のそばに置いている水を飲まない。うちの猫は理由がわかるまでこれに苦労しました。

 

実際、飼い主として夏には人間と同じように熱中症になるのは把握していました。いつでも飲めるように水を準備しているのですが、ご飯の後でも飲まなければ、ご飯以外のときにも飲みません。

 

水を飲むパターン

水を飲む時はこんな所で飲んでいるのを目撃しました。

  • 洗面台に残っている水滴を舐める
  • 浴室で水を探している、もしくは洗面器に水がないか顔を突っ込んでいる
  • キッチンの流しに座っていたり、そのあたりで鳴いていたりする

 

飼い主の私からすると、「水、準備していますけど…」という気持ちなのですが、猫からすると何かが違うのです。そしてご飯のそばに置いている水を絶対に飲まないわけではないことに気づきました。

 

飲むときというのは、ほしいときに新しい水であれば飲むということです。つまり、猫は常に綺麗な新鮮な水を求めていることにたどり着きました。

 

我が家の猫がもっとも好む水のみ場はキッチンの蛇口です。しかし、蛇口を舐めるというのも衛生的にどうなのかと考えます。もっと水を上手に飲んでもらえる方法はないか考えました。

 

猫が水を上手に飲む方法

ま猫が水を欲しがるしぐさ(たとえば流しにあがる)を見つけたら、飲んで欲しい器に新鮮な水を入れて器で水を飲む練習をします。

欲しいときにあげるのですから、飲んでくれることが多いと思います。

 

これでも嫌がった場合、お皿を変えてみるのもよいかもしれません。猫はひげがお皿に当たると嫌がることがあります。これは痛みを感じるからかもしれません。

 

うちの猫は少し特殊かもしれませんが、小さめのガラスコップに水をいっぱい入れて飲んでいます。あまりかがまなくてよいのと、ひげがあたらないのが気に入ったのかもしれません。

 

とにかく難しいかもしれませんが、常に新鮮な水をあげることを心がけることで器で飲んでくれるでしょう。

 

給水器を使うと簡単に飲んでくれた

人間の私たちが一日中猫にくっついているわけにはいきません。

器に新鮮な水を準備できる時間も限界があります。そんなときに便利な商品をご紹介します。

 

お勧めの給水器は【isYoung】の循環式給水器

食べかすや猫の毛、ほこりなどを水を常に循環させることによって除去し、猫にいつでも新鮮なおいしい水をあげることができます。

飼い主さんが出かけていても、夜間でも水の心配はいりません。特にこの形状は、蛇口から直接飲むのを好む猫にぴったりかもしれませんね。

→Amazonでの購入はこちら

 

まとめ

猫が飼い主が準備している水を飲まない理由は単純なものでした。

新鮮なものが欲しい、それだけのことです。猫はわがままな子なのはみなさんもうわかっていますよね。そのわがままを受け入れるのも飼い主の役目ではないでしょうか。

 

水分摂取量が少ないと猫は病気になることもあります。

健康を守るため、猫に上手に水を飲ませる方法を探してみてください。最初は飼い主さんの手の上から水をあげるのも愛情が伝わって素敵かもしれませんね。

【何で早く買わなかったのか?】猫の飲み水の交換が圧倒的に楽になるお勧めの大容量給水器を教えます。
うちの猫たちの水飲み場は二つあります。 一階と二階にそれぞれあるのですが、二階の水飲み場の水を取り替えるのはめんどくさいです。水道から離れているとそう思っちゃいますよね。 お皿に水...続きを読む