【暖房対策】冬に寒がっている猫のためにできること!

猫との生活

猫の冬の暖房対策

冬は人間にとっても体に厳しいものです。

寒くなるにつれて、セーター、マフラー、手袋、ダウン…そんなものを身に纏います。

 

それだけでは足らずに、暖房器具をフルに活用します。個人的には石油ファンヒーターや暖房、コタツなんかも使用します。そんな暖かい空間に、愛猫が一緒にいたりしないでしょうか?

それは猫の習性によるものかもしれません。

今回は猫の寒さ対策や暖房器具の上手な使い方をご紹介します。

 

猫はコタツで丸くなる!?

猫は「寒がり」という特徴を持っています。

その理由の一つとして、猫の祖先は北アフリカに生息していました。北アフリカと言えば砂漠が広がり、暑い地域なのが容易に想像できるでしょう。

つまり言い換えれば、寒さに弱く暑さには強い一面を持っています。もちろん現在の猫すべてに当てはまるわけではありません。では、「お正月」という歌でおなじみの「猫はコタツで丸くなる」というこの歌詞。

 

本当なのかという疑問をもった人もいるのではないでしょうか。実を言うと私もその一人です。

実際猫を飼ってみてわかったのは、本当でもあるけれど、100%正しいかと言われればそうでもなさそうなのです。つまり、その猫にもよるということです。

 

私は今まで、数匹猫を飼ってきました。その中には雄も雌も様々。

様子を見ていると、ある猫はコタツが大好きで冬になるとコタツ入って出てこない子もいれば、コタツの布団の上でしか寝ない子、あるいはコタツに少し入るけど途中で出てくる子など、猫によって本当に様々なのです。

けれど、寒すぎるところはどうやらどの猫も好きではなさそうで、できるなら暖かい部屋を求めてくる姿が見られました。

 

猫に最適な温度は?

猫も人間と同じように体調を崩してしまいます。その原因の中に室温や湿度が関係しています。

 

猫にとって最適な気温は18℃から20℃と言われています。冬だと飼い主の私達でも非常に快適な温度なのではないでしょうか?

やはり気温が一桁台になると寒さを感じてしまうようです。そして、気温だけが重要ではなく湿度も猫には大切になってきます。50%ほどを保つことがおすすめです。

乾燥することで猫も乾燥肌に陥ったり、ウイルスが飛散することで風を引きやすくなったりします。

猫と一緒に生活する空間は、人間も快適な空間がよいというわけですね。つまりは冬場は上手にエアコンやファンヒーター、加湿器を使用して過ごすことがよいでしょう。

 

猫に人気のあったかグッズ

冬はひなたぼっこをする姿も多い猫ですが、もっと暖をとりたいはずです。そんな猫にぴったりの商品を紹介します。

 

ペット用ホットカーペット


うちの猫はホットカーペットが大好きです。冬になるとホットカーペットに寝て動きません。なぜか直接布団や毛布をかけられるのが嫌いなうちの猫にはカーペットが一番お気に入りです。猫にもよると思いますがお勧めです。

 

猫用ベッド

上蓋があることにより冬の寒い空気を遮断してくれるペットベッドです。

蓋が直接猫に触れるわけでもないので、うちの猫みたいに布団をかけられるのが嫌な猫にもぴったりです。

 

マルカン あったかこたつ猫用 M

猫と一緒のコタツに入るのもいいのですが、毛もたくさんつくし、個人的には猫には人間のコタツって熱くないかな?と感じるときがあります。

それって猫によくないのではないかとも思います。

私と同じように思っている方には猫用のコタツを準備してあげるのも優しさです。猫にとって心地よい暖かさのこと間違いなしです。

 

まとめ

猫の寒さ対策は、そんなに神経質になることはありません。

しかし、やはり寒いのには変わりないので、震えたり体を丸めたりする姿を見たらあったかくしてあげることを心がけてあげましょう。