猫を1ヶ月飼うための費用はいくら?

猫との生活

いざ猫を飼うと決めたとしても、どこかで考えてしまうこと…

それは費用ではないでしょうか?私達も生きていくためにはお金がどうしても必要です。

人は衣食住、様々なことにお金がかかります。ちょっとしたものでも買わなければいけません。それは猫も同じことが言えるのではないでしょうか?

 

飼い猫になると、飼い主が世話をしないと弱ってしまいます。そのために購入しなければならないものがあるのです。では、実際に猫を飼ったら1ヶ月でどれくらい費用がかかるのでしょうか?

そしてそれは家計を圧迫してしまうような額なのでしょうか?

1ヶ月で何にどれくらい必要かも考えてみたいと思います。

 

猫の生活

猫の生活を思い浮かべてみてください。猫ってどんなことをしているでしょうか?

  • 寝ている
  • ご飯を食べている
  • 遊んでいる
  • トイレをしている
  • 爪を研いでいる
  • 甘えている

ものすごく簡単に挙げたらこんなものでしょう。

この当たり前の日常の中に買わなければならないものが隠されています。

  1. ご飯を食べている
  2. 遊んでいる
  3. トイレをしている
  4. 爪を研いでいる

 

この4つは買わなければならないものだと考えられます。そしてこの4つは毎日行うからこそ毎月必要な出費と考えてもよいでしょう。

 

毎月買わなければならないものとその値段

上で挙げた4つを詳しく見ていきましょう。

 

ごはん(エサ)

やはりごはんがないと猫も生きてはいけません。

うちの場合はカリカリもウエットフードも両方購入しています。これはどのようなスタイルにするのか、また、購入するフードの値段によっても1ヶ月にかかる金額というのは変わってきます。

猫の健康を考えると無添加のものをあげたい…けれど家計を考えると…ともなりますが、そこはよく考えてあげてください。

ちなみに我が家の場合は高すぎず安すぎず、そして毛玉なんかにも気をつけたものを購入しています。我が家はそんな額にはなりませんが、多くても3000円あればごはん代は足りると考えられます。(1匹計算)

 

おもちゃ

遊ぶ際にはおもちゃは必需品です。

高齢の猫になれば、段々とおもちゃにも興味にも興味を示さなくなりますが、猫のストレス軽減のためには必要なものではないでしょうか。しかし、このおもちゃですが毎月購入するということはまずありません。

意外に壊れたりしないものです。

それでも月に換算すると200円といったところでしょうか。

 

猫砂(トイレ費用)

猫砂も値段が安いものから高価なものまであります。また、猫のトイレの回数によって違いますが2袋(この場合5Lのもの)もあれば足りるでしょう。

500~700円ほどのものが多いのではないでしょうか。それより安いものもたくさんあります。

1000から1500円と考えておきましょう。

 

爪とぎ

うちの猫は爪とぎにじゃれたり寝転がったりとよく遊びます。そのためすぐにぼろぼろになってしまいます。

毎月購入するかといえばわかりませんが、消耗品なのは間違いありません。

 

我が家ではダンボールのものを使用しています。安いもので100円ぐらいからあるのでありがたいです。それでも月に300円と計算しても問題ないでしょう。

 

トータル金額

①+②+③+④=約5000円ほどです。

もちろんこれだけではありません。病気をしてしまえばその月は医療費がかかります。近年ではペット保険もあるのでそちらに加入する方は別途お金が必要となります。

 

まとめ

いかがでしたか。ちなみにうちの老猫は病院に行く回数が増えてしまい、一ヶ月5000円なんかでは足りません。

トイレの回数も多いので猫砂も頻繁に交換しています。

「月5000円あれば飼える」

と思っておくのは少し違う気がします。突然の出費があることも頭において猫を飼いましょう。金銭的な事情で猫を手放すなんてことは絶対にないようにしましょう。