初めて猫を飼うための準備

猫との生活

「猫を飼いたい!」

そう思ったことのある人はたくさんいるはずです。幼い時、私もその感情を抱き親にすがりついたものでした。

初めて飼いたいと思ったあの日の気持ちは今も忘れることができません。しかし、幼い私は猫を飼うということがどのようなことかわかってなかったと、今になって感じます。

飼いたいという気持ちだけでは猫は飼えません。もし、ある日突然猫が家にやって来ても大丈夫でしょうか?

答えはNOです。

何が必要かというと、猫を飼うための準備です。今回は初めて猫を飼うための準備について考えてみましょう。

 

猫を飼う最に一番大切なこと

まず、準備として最も大切なことは猫を責任持って最期まで面倒をみるということです。この気持ちがなければ猫を飼ってはいけません。

子猫がかわいいのはわかります。

でも、大きくなったからとか歳をとったからなどという理由で猫を手放す人がいるのも事実なのです。

 

ペットは物ではありません。家族として共に暮らし、命を大切にすべきです。その覚悟をした上で猫用品の準備にとりかかりましょう。

 

必要な用品

最低この用品があればとりあえずは猫を迎えられるというものを紹介します。

 

猫の食器

猫用の食器がホームセンターやペットショップ等で販売されています。しかしうちの場合は子猫のうちは小さめの浅い陶器の人が使うお皿を代用していました。

猫用のお皿はまだ子猫の体に対して大きく、食べづらそうなので普通のお皿にしました。

 

水用のお皿も準備が必要です。

いざご飯をあげようと思ってもお皿を決めてなくて慌ててしまったらいけないので、あらかじめ決めておくことをおすすめします。

 

ご飯

迎え入れる猫の月齢によって準備するご飯は異なります。

生まれて間もないような子猫にキャットフードを与えるのは正しいでしょうか。

 

人間の赤ちゃんが生後間もなく米飯を食すことはできるでしょうか?できませんよね。ミルクが必要な月齢なのか、キャットフードでも大丈夫な月齢なのかよく考えましょう。

キャットフードにもドライフードやウエットフードがあります。また、よく見ると「総合栄養食」と記載されたものがあります。

基本的にはこの「総合栄養食」と記載されたものを中心にご飯をあげるようにしましょう。

 

また、年齢も細かく分かれています。最初は「子猫用」とかかれた物を準備すると間違いはないです。

 

トイレ、猫砂

人でもトイレがないと生きていく上で困ります。猫を迎える時には必ず準備しましょう。

始めにきっちり準備しておくことで、トイレのしつけもスムーズにできます。

大人になっても継続して使えるサイズを購入しても何も問題ありません。また、猫砂も準備しておきましょう。

猫砂も原材料が様々あります。中にはおからが原材料のものもあります。

 

値段や質、重さなど随分選択肢が広いので、家庭の状況に最も合ったものを選ぶとよいでしょう。

 

ケージやベッド

我が家では初めて猫を飼った際に、これを準備せずに猫に不安な思いをさせてしまった経験があります。ケージは必ずしも必要かはわかりませんが、猫が安心できる空間を作ってあげる必要があります。

ベッドもペット用のものがありますが、こだわりがないならブランケットのようなものでもかまいません。箱にブランケットを敷く、こんな空間でも猫は安心できるんですよ。

上記のものは猫が来るまでに必ずそろえて欲しいものです。

他にもできれば早めにそろえるものとして、猫のおもちゃ、つめとぎ、首輪、キャリーバッグなどがあります。特にキャリーバッグは病院に行く際に使用します。猫が逃げ出さないように買っておきましょう。

 

まとめ

猫を飼う際には準備が必要なことがわかったでしょうか?

我が家もキャリーバッグが必要なときになく、慌てたので早めに買えばよかったと後悔したことがあります。

 

「困ったなぁ」

そんなセリフを吐くことがないようにしてください。

準備は飼い主としての初めての仕事です。