猫の引っ越しついて

猫との生活

つい先日引っ越しをしました。

うちは猫が3匹いましたが、引っ越しのときに注意するポイントがあったので、まとめておきます。

 

猫の引っ越し

猫は引っ越しでかなりのストレスがあったようです。

特に前の家はマンションの一室で飼っていたのですが、引っ越しをしてかなり部屋が広くなりました。

 

それもストレスになっていたようです。

 

引っ越しの移動

病院に連れて行く時と同様にゲージに入れて移動しました。

やはり外に行くのが慣れていないので、かなりビビってました。

 

車での移動は案の定鳴きっぱなしでした。

 

新しい家では(初日)

新しい家では初日は隅っこにいました。

慣れていなく、端っこにいてずっとビビってました。

 

これはとヤバいと思い、引っ越しについて調べましたが、猫は自分の縄張りというものがあるらしく、新しい家に引っ越したときは意識的に隠れられる所を作ったほうが良いとあったので、段ボールを置いたのですが、段ボールには入らず、ずっと布団の中にいました。

 

うちの3匹の猫は、1匹目は好奇心旺盛、2匹目は食いしん坊、3匹目はビビりです。

好奇心旺盛なのは初日から、布団から出て探検をしてましたが、恐る恐るでした。

食いしん坊もご飯を食べる時だけ布団から出てきました。

ビビりは初日は全く布団から出ませんでした。

 

2匹はご飯は食べるし、トイレも行くので心配はしませんでした。

ビビりだけ、ご飯も水も飲まず、トイレも行かなかったので心配でした。

 

引っ越し2日目

2日目も初日とほとんど変わりませんが、好奇心旺盛なのは新しい家を探検してました。

階段が降りられず鳴いている姿は可愛かったです。

 

食いしん坊も少し探検をし始めたのですが、音にビビってました。

すぐに部屋に行って、また部屋を出ての繰り返しでした。

 

ビビりは2日目も布団から出てこなかったので、心配でしたが、ご飯を布団の中に入れると食べるので、時間がかかると思いました。

 

この時のご飯はカリカリではなくちゅ~るをあげました。

普通のカリカリは食べませんでした。

さすがにトイレが心配でしたが、トイレの時はちゃんと出て、また布団の中に戻ってました。

 

3日目

好奇心旺盛なのは既に慣れてました。

食いしん坊も慣れ始めていました。

 

ビビりもご飯(カリカリ)を布団の中でなら食べるようになったし、トイレの時は顔を出すようになりました。

 

4日目

このくらいから、強制的に部屋に出すようにしました。

布団の近くにご飯(カリカリ)をあげるのではなく、離れた部屋でご飯をあげたりしました。

 

ここらへんはストレスがかかるので、もう少し自分で出てくるまで待ったほうが良かったかもしれません。

 

5日目以降

相変わらず、ビビりはビビってましたが、自分で布団から出るようになってました。

ピンポンの音にビビったりしてますが、自分で布団から出るようになり、昼間も行動し始めました。

 

1週間も経つと、自分も2階から降りてきたりしました。

すぐに戻るのは変わりませんが。

 

2週間後には慣れてました。

3週間位経つと、他の2匹と同じようになりました。

 

猫の引っ越しのまとめ

猫にとっては引っ越しはストレスになります。

好奇心旺盛な猫なら3日もあれば慣れ始めますが、怖がる猫もいます。

 

最初は隠れやすい場所を用意してあげましょう。

ご飯食べないのは心配なので、好物を用意してあげるのも良いでしょう。

この時のおすすめはなんと言ってもちゅ~るです。

 

カリカリだと水分が取りづらいので、一緒に水分もとれるちゅ~るがあって良かったです。
他にもパウチなんかも良いと思います。

 

猫のトイレについて

トイレは匂いがついた砂を用意したほうが良いと言われていますが、うちの猫たちは最初から新しい砂で大丈夫でした。

本当なら前の家で使っていた物のほうが安心するらしいです。

タイトルとURLをコピーしました