【気持ちのバロメーター】果たして猫の鳴き声で気持ちがわかるのか?

猫との生活

うちで今まで飼ってきた猫にはいろんな猫がいました。

もともとは捨て猫で拾ってきた子から、うちで生まれた猫まで…(この猫は出産に私が立ち会いました)

その色々な猫を思い返すと、性格もそれぞれ違ったなぁと思います。

 

私に全く見向きもしない猫もいれば、私を含め誰にでも懐いて可愛がられていた猫もいました。そんな猫たちの気持ちを私はどこまで理解できていたのだろうと、ふと思いました。

 

甘えてくるのは仕草でなんとなくわかるのですが、それ以外に猫にとっての表現方法ってなんだろう…と思ったとき、浮かんだのは「鳴き声」です。

よく聞くと猫はニャーニャー鳴いているだけではないんです。

今回は猫の鳴き声に注目してみたいと思います。

 

気持ちによって鳴き方が違う!

うちの猫も私の前でよく鳴きます。その姿にほほえましく思うのですが、よく聞いていると「ニャー」だけではありません。私が聞いたことある限りでは

  • ニャー
  • ニャッ
  • ゴロゴロ
  • ウー
  • シャー
  • ギャー
  • カカカカ
  • アオーン
  • ウニャウニャ

よく考えるとこんなにも種類があるんです。

これだけ違うということは、やはり鳴き声で気持ちを表現していそうです。

 

猫の伝えたい気持ちで鳴き声は変わる

では、猫の鳴き声を一つずつ見てみましょう。そしてそれがどんな気持ちを表しているかもご紹介します。

 

「ニャー」という鳴き声

猫と言えば「ニャー」ですよね。基本的には何かを訴えるときに鳴きます。

そのとき行動も共にします。

 

ごはんが欲しければごはんの器のそばにいって鳴いたり、甘えたければひざの上に乗って鳴いたり…よく行動を見ていると何をして欲しいかよくわかります。

 

「ニャッ」という鳴き声

これは返事をするときによく聞くことができる鳴き声です。

うちの猫も名前を呼ぶと「ニャッ」と鳴きます。気分が乗らなければもちろん返事はありませんが…

そのときは悲しくなりますけどね…

 

「ゴロゴロ」という鳴き声

これを鳴き声と判断するかはわかりませんが、これは喉を鳴らしているときに聞こえる音です。

気持ちいいな、うれしいな、そんな気持ちを表しています。しかし、しんどいときにもゴロゴロなるきがあるのです。

 

うちの老猫は体が弱ってしまっているのですが、ゴロゴロとなんでもないときに喉をならします。誰も回りにいないのにゴロゴロいうのでおかしいなと思っていました。

獣医師にたずねたところ、しんどいからだと教えられました。それからはそっとしておいています。

 

「ウー」という鳴き声

この声ですが、喧嘩の時に聞いたことありませんか??私、愛猫にこの声を出されてショックでした。

 

確かに警戒した時に出す声ですが、何か異変を感じたときにもこの声を出すので、私に鳴いたときには私に非があったのだろうと思います。

うちの猫は特に知らない人や病院に行った時にもウーと鳴きます。

 

「シャー」という鳴き声

これも喧嘩のときによく聞きます。

相手を威嚇しているときです。

 

この声出しているとき非常に興奮しているので、手出しをすると怪我をしてしまうでしょう。

 

「ギャー」という鳴き声

これは、痛みを表している鳴き声です。

我が家の場合、この「ギャー」はたいてい決まったときに聞こえます。猫が足元に来すぎてつい誤ってしっぽを踏んでしまったときです…

 

頻繁にはないのですが、「いたい!」と言っているのが伝わってくる鳴き方です。

 

「カカカカ」という鳴き声

外を見ながら鳥を見つけたとき、突然この声で鳴いているのを聞いて驚きました。獲物に向かって、高ぶる気持ちが押さえられない、そんな感じでしょうか。

相手が猫ではなく獲物になるものに対して鳴く声です。

 

「アオーン」という鳴き声

発情期になるとパートナーを求めてこの声で鳴きます。

雌も雄も求愛することで子孫を残そうと必死です。そんな声なのです。

 

「ウニャウニャ」という鳴き声

ごはんを食べながら「ウニャウニャ」。

これは「おいしい」と実は表しています。我が家の猫もごはんを食べながらよくウニャウニャ鳴いています。落ち着いて食べればいいのにとつい思ってしまうほどです。けれど鳴かずにはいられないんですね。

 

まとめ

猫の鳴き声、とっても楽しいですね。

どんな気持ちなのかわかったでしょうか?そして猫に少しは近づけたでしょうか?気持ちを理解した上で接してみてください。