猫にも保険が必要?知っておくべきペット保険情報とは!

猫の病気

猫って意外と病弱なんですよね。

風邪をひくことは当たり前として、その他にも便秘になっちゃったり、軟便になっちゃったり。
最初は軽そうな症状でも、そこから症状が重くなっていくことだってあるんです。

もちろん、怪我だって。
でも、「いざ病院へ!」となると、時にその診察料は人間よりも高く…。

いざというときのため、猫のペット保険のことを知っておくと便利ですよ。

 

猫のペット保険について

動物病院は自由診療。

なぜなら、動物には人間のように社会保険や国民健康保険などといった公的な健康保険制度がないからです。

そのため、診察料が高くなりペットの診察を躊躇する人も中にはいるそう。

そんな診察料の心配を払拭してくれるのが「ペット保険」の存在です。

では、そんなペット保険の具体的な内容をみていきましょう。

 

猫のペット保険の補償内容について

猫の保険は、主に「ペット保険」として存在しています。

プランはいろいろ。

プランによってその補償内容にも違いがあるのですが、基本的にはペットの「病気・ケガ」に対応しています。

入院や手術に対応している保険もありますよ。

病気やケガというと突発的なものと思われがちですが、中には慢性的疾患を抱えているペットもいますので、選ぶプランはそのときのその子の状態に合わせてあげるようにしましょう。

 

保険に加入した際のメリットについて

メリット1:安心感
まず第一に、飼い主の診療代への負担を減らすことができます。
保険に加入していることで得られる安心感は段違いですよ。

メリット2:特約の活用で充実保障
可愛い猫とはいえど動物ですので、噛みついたり引っかいたりと人様に危害を与えることもあります。
このような場合の補償として特約を付けることができます。
他にも、ガンの保障特約なども。
特約は他にも様々なものがありますのでご活用ください。

保険に加入した際のデメリットについて

一般的に、保険には「掛け捨て型」と「貯蓄型」がありますが、ペット保険については「掛け捨て型」が主流となっています。

年齢と共に基本保険料もあがっているというシステムなので、ペット保険に手を出しづらい方もいるのが実情のようです。

また、これは人間にも同じことが言えるのですが、「健康な子ほど損をする」という点。

毎月の保険料もバカになりませんので、健康で病気知らずな猫にお金をかけることが損と感じられる方もいるようです。

タイトルとURLをコピーしました