保護子猫のトイレのしつけ方とは!?

子猫の育て方

保護した子猫にトイレのしつけって…そんなこと、本当にできるの⁇

そう思っている方のために、子猫のトイレのしつけ方をご紹介します。

猫ってどんなところでトイレするの⁇

子猫のトイレのしつけって、難しいですよね。

私も子猫を保護して里親に出したことが何回かあるので、トイレのしつけをしっかりしないといけないのは大変でした。

保護子猫たちは、好き勝手にしているからしつけなんて無理!と言うことはありません。

 

まずはトイレをしやすい場所を探しましょう。猫は本能的にご飯やお水、寝床から離れた少し薄暗い物陰でトイレをすることが多いです。

もちろん、全員ではないので、その子にあった好みの場所を観察してみましょう。

トイレの場所を確保しよう

次にトイレの場所の確保です。

物陰や薄暗い場所がないときは、寝床や食事の場所から離れたところに椅子を置いたりして物陰を作り、その下にペットシートやトイレ砂を入れた容器を置いてみてください。

ペットシート?トイレの砂?どちらを使う

猫のトイレはペットシートかトイレ砂のどちらかを使う場合が多いですよね。

猫はトイレの時に砂を掘る習性があるので、トイレ砂の方が覚えやすいです。私の場合、家にはペットシートしかなかったので、それを使いました。

ペットシートはぐちゃぐちゃにされてしまったり、重ねて敷いたりしないといけなかったりするので、おすすめは断然トイレの砂です。

何より片付けも楽ですしね。

トイレのしつけをしよう

ここから本格的にしつけの方法に入ります。

子猫が粗相をした時に、ティシュで少しだけ、うんちやおしっこの匂いをつけておきます。

 

それを用意しておいたトイレの場所にティシュごとおいておきましょう。

そして、粗相をしたところには、きちんと除菌消臭スプレーをかけて匂いを消しておくことが大切です。

猫は匂いで物を覚えるからです。

 

後は、トイレしそうな時に、きちんとトイレの場所に連れて行くと1週間ほどで覚えます。

もちろん個体差もありますので、根気強く付き合ってあげてください。

小さい時ほどしつけはしやすいので、ぜひやってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました