猫の事で知っているようで知らないこと

猫との生活

猫にちなんだことでも実際には知らないことが沢山あるからこそ、マメ知識を増やしてみましょう。

猫の日という記念日もある

2月22日というのは、語呂合わせになっていて、2(ニャン)2(ニャン)2(ニャン)で猫の日になります。

ちなみに、2020年であり令和2年という節目には、愛猫家たちによる様々なイベントが目白押しだったようです。

 

人より小さいのに骨は人より多い

猫は人より骨が多いそうで、標本やレントゲンでも確認できます。

人の骨は約200本ですが、猫は約240本であり、器用に動かすことのできる尻尾に関しては、16個以上で、柔軟な体幹の動きとなる可動域が広いのが特徴です。

 

猫の飼育環境を考えてあげる

室内飼いされる猫の居場所に注意しなければなりません。

元から体温が高いため、夏は熱射病にかかりやすいく、短毛種の子猫や老猫は、冬の寒さに弱く、猫でも風邪をひきやすいようです。

 

秋には発情してケンカっぱやくなる

食欲があれば、元気もあり、季節的に秋は発情するため、オス猫とメス猫の飼育管理が大事だといいます。ケンカするオスは、異性を求めてライバル視をするオス同士で、威嚇の低重音の声を出し猫パンチを繰り出します。

 

不快になることを学ぶ

飼い主のいる室内飼いの猫の場合、経験する不快な出来事を学習することがある話しです。餌付けする者に近寄るのと同じで、寂しい思いをさせるだけで不信感を抱くことも猫にはあります。

タイトルとURLをコピーしました