猫には犬の違いとは??を解説します!!

猫との生活

猫には犬や人間とは明らかに違う特徴がたくさんあり、その機能に魅力があります。

夜型となる猫の才能を知る

猫には長い・短いヒゲが生えています。

このヒゲは、根元に運動神経を司っているようで、微弱な空気の流れも感知したり、脚にもヒゲが生えていて、これは洞毛と言われていますが、些細な動きも感知・反応できる機能です。

なので、夜間でも目に頼ることなく、そのヒゲが目の代わりになるわけです。

 

ヒゲが行動を察知するから

とある説には、猫のヒゲを切ると平衡感覚がなくなるから、決して切ってはならないことが云われています。

これは、夜間や不安定な木の上を移動する猫の習性によるところが大きく、ヒゲには伝達神経細胞が通っているので、動きに関する情報が欠けてしまうからです。

 

ヒゲの長さはゲートの役割がある

猫のヒゲは長いのか、短いのか、それは体型によって異なる話しを獣医師がしています。

目の上、口元、顔の周りに生えるヒゲは、狭いところに入るときのチェックゲートの役割を担います。

猫は頭が通るなら、どんな狭い場所でも通れるだろうと考える習性があります。顔より体のサイズが大きいなら、通ることができないため、体のサイズに比例して伸びています。

 

猫に人のインフルエンザはうつるのか

鳥インフルエンザや犬インフルエンザがあるのなら、猫も感染するのではないでしょうか。

しかしながら、通常は感染なしだそうです。

もちろん、稀なケースも報告され、かかる可能性はゼロではないそうです。

 

猫の爪の特徴を理解しよう

犬と猫では何が違うのか、比較してみれば、爪に特徴があります。

犬は爪を器用に出し入れできないですが、猫は、筋肉や骨、趾行に関しても複雑な構造が特徴です。犬科は草原育ちですから、爪を出して木に登ったり、爪を隠して獲物に忍び寄ることなどは不要だからです。

タイトルとURLをコピーしました