ネコが多食やそれ以外で太ってしまう原因の観察のポイント

猫の食事

ネコは一般的に、成長期は体重が増えますがこれは、成長に伴って骨量や筋量が増えることになります。

それでも太ったように見えるようにもなり、さらに、ある病気にかかっていて、治療のために服用している薬の副作用として、太ることがあります。

多食になり、体重に変化がないか観察します。

 

妊娠中、授乳中、成長期、運動量が豊富な場合

健康な状態です。他に変わった症状がなければ、心配する必要がありません。

様子を観察し続けるようにします。

住む場所や季節などの環境が変わった

住む環境が変わったり、新しく他の動物を飼い始めたり、新しい家族が増えたなど、精神的な出来事も多食原因となります。

食事の内容が変わった

キャットフードだけでなく、食物の種類を次から次へと変えて、わがままになってしまい、食物の種類を変えてから食欲が増進した場合は、嗜好性の問題があります。

 

成長が止まってきていること

成長が止まっていることに飼い主が気付かずに、食物を与えすぎてしまい、1ヶ月もたつと、あっという間に肥満になってしまいます。

 

病気にかかっていて、治療のために服用している薬の副作用

飲水量と尿の量が増えたら糖尿病、副腎皮質機能亢進症、突発性後天性網膜変性症などの病気が原因になることがあり、病気による投薬中の薬の種類によって、食欲が増進することがあり太ってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました