病院までの移動方法は何がお勧め?

猫との生活

猫は危機に対する察知能力が高い動物です。大嫌いな病院に連れて行かれようとしている・・・すぐにわかります(ΦωΦ)

せめて病院までなるべく穏やかに連れて行くにはどうしたらいいでしょうか。

問題は移動手段ではなく移送手段

近くに動物病院がない限り、車の移動が一番安全で合理的です。

ほとんどの猫は車での移動を嫌がりますが、窓を閉めている限り脱走の心配はありません。

問題は車内での管理方法です。

 

キャリーバッグ色々どれが安全?

猫を移送するキャリーバッグには色々な種類があります。

リュック式になっているものやランチバッグみたいになっているのもありますが、一番安全なのは経験上ファスナーで中身が開くタイプだと確信をもって言えます。

 

車での移動中はなるべく暗闇にしてあげよう

私の経験上、車で移動中にほとんどの猫がキャリーバックの中で泣き叫びます。

これは飼い主にとって非常につらい時間となります。

キャリーバックの窓を黒い布で覆ってあげて暗くしてあげましょう。多少落ち着くと思います。

 

ヒヤッとした私の失敗談

一度だけですが、車が病院に着いてドアを開け、助手席に置いていたタオルを被せたキャリーバックをいったん運転席に移動させ、自分が外に出てキャリーバックを持ち上げたところ、留め金が外れて猫がボトンとまるごと地面に落ちたことがあります。

このときは非常に慌てましたが、私以上に猫がびっくりしていたのですぐ捕まりましたが、こういう失敗には気をつけなくてはなりません。

 

病院の診察室までの最強手段は洗濯ネットか

これは小説家で大のネコ好きで知られる村山由佳さんのテレビ番組を観ていて知ったのと、実際に病院で見た経験もあるのですが、衣服を入れる洗濯ネットが、猫を安全に収納しなおかつ猫がそれほど怖がらない最強の移送手段かもしれません。

一度お試しになられることをお勧めします。

ひとつ注意点は空気が入りやすいように目の粗いものを使うことです。百均にあります(ΦωΦ)

タイトルとURLをコピーしました