子猫を保護した時の対処方法

猫との生活

暖かくなってくると友人、知人から毎年1件はかかってくる電話。

「猫拾っちゃったんだけど、、、どうにかならない??」

 

今年も先週連絡をもらいました。

一時期、本気で保護施設を作りたいと考えました。

 

そこで、子猫を見つけた時はどうするべきか、わたしなりですがまとめてみました。

 

子猫を発見したら

まず子猫を見つけた時には触らずに少し様子をみてみましょう

そして周りを確認してみてください。

 

近くに母猫がいる場合があります。

子猫に触らないのは人間の匂いを子猫につけない為です。

 

人間の匂いがついてしまうと母猫は子猫を放置して置いて行ってしまう可能性があるので可愛いからといってすぐに触ることはやめましょう。

しばらく経っても母猫が現れない場合、保護できるのであれば子猫を保護してください。

 

まずは病院へ

子猫が野良猫として生きていける確率はとても低いのです。

保護をしたらそのまま病院に連れて行きましょう。

 

子猫の健康状態をみていただきノミなど体外、体内の虫の検査をしてもらうのがベストです。

 

家に引き取る場合

家に先住猫がいる場合は必ず病院に行ってから家に向かい入れることをおススメします。

 

我が家では、何年か前に拾った子猫をそのまま家に入れてしまいお腹の虫が家猫に移ってしまうという恐ろしいことが起こりました。

その子猫は足も骨折しており変な歩き方をしていました。

 

拾った次の日には病院に行きましたが子猫の骨折は治しようがなく自然に治るのを待つのみでした。

 

家での対処方法

先住猫がいて自宅の部屋が2部屋ある場合は先住猫とは別の部屋に連れていきましょう。

子猫にとっても先住猫にとってもいきなりの対面はたいへんなストレスになります。

 

1部屋のみの場合ゲージを段ボールなどで囲い子猫と先住猫が直接触れ合わないようにします。

その後は子猫、先住猫の様子をみながら一緒の時間を作っていくことがいいと思います。

 

保護後里親を探すなり新しい家族に迎えるなりできることはたくさんあると思います。

母猫のいない子猫を見つけたら考えてみてください。

あなたの行動で救われる命があります。

タイトルとURLをコピーしました