子猫には何をあげればいいのか?

子猫の育て方

子猫の離乳

人間の赤ちゃんは最低でも1年は母乳やミルクを飲んで育ちます。

しかし、猫はそのようなことはありません。

 

成長の速い猫は離乳も早く、母乳やミルク以外に対する食べ物の興味も早いです。

そんなときに人はどのように対処すればよいでしょうか。

 

子猫の成長

子猫には生後4週間頃までは母乳やミルクで成長します。

母乳の方が細菌などから体を守ってくれるためよりよいとされていますが、子猫用のミルクでも十分に成長できます。

 

この4週間頃というのは子猫にとって体に大きな変化が現れます。

それは乳歯が生えてくるからです。

それと同時に食べ物に興味を持ち始めます。

 

子猫の食べ物

成長に沿った食事を与えることで、子猫の体に負担にならずに済みます。

生後8週間頃からは少し固いものでも食べられるようになります。

様子を見ながら与える必要があります。

 

どのような形状のフードをあたえると良い?

離乳を始める生後4週の頃は子猫用のウェットフードが好ましいです。

パウチのものが多く販売されていますが、猫の中には好き嫌いがあるかもしれません。

 

食べるものを少しずつ与える必要があります。

また、ドライフードをお湯で柔らかくしたものもよいでしょう。

 

我が家の子猫もウェットフードをよく食べました。

やはり柔らかく飲み込みやすいので食べやすかったのでしょう。

 

生後8週の頃からは総合栄養食と表示されているものを主に与えるのがよいでしょう。

ドライフード、ウェットフード様々ありますがどちらか一方を与えることも併用することもよいとされています。

我が家では併用していました。

 

やはり一つでは飽きるのか気分によって食べたいものが違うようでした。

新鮮な水を用意することと、人間が食べるものはできるだけ避けることが猫の健康維持に繋がるので、子猫の時から癖をつけるとよいです。

タイトルとURLをコピーしました