子猫のトイレのしつけが上手くいかなかった時のしつけ方法

子猫の育て方

母猫と一緒に生活している子猫は、排泄の仕方も母猫に教わります。

どこにトイレがあるか、どのようにするかなど教わるというより「真似をする」に近いかもしれません。

 

しかし、縁あって猫を飼い始めたとき、戸惑うのはトイレのしつけです。

基本的に猫はトイレのしつけは必要ありません。

砂のところでしっかりやってくれます。

 

しかし、間違った場所をトイレとして覚えてしまえば、そこでトイレをしてしまうので、その時はしつけし直さないといけません。

上手なトイレのしつけとはどうしたらよいでしょうか。

 

トイレの選び方や置き場所

猫のトイレに必要なものは基本的に猫砂と砂を入れる容器になります。

形もスタンダードなものから、蓋がついた砂が飛び散らからないようなデザインのものあります。

 

部屋にあったおしゃれなものもありますが、一番大切なのは猫がそのトイレ自体に慣れてくれることが大切です。

 

トイレの設置場所

猫のトイレは居心地のよい空間を作る必要があります。

と言ってもわかりずらいので、具体的には下記のようなところが望ましいです。

  • 食事を置いている場所から遠いところ
  • 人からあまり見られないところ

 

落ち着いて排泄したいという気持ちは人間も猫も同じなのかもしれません。

 

トイレのしつけの方法

我が家の猫の場合、一度トイレにつれていき、砂を掘るしぐさを人間が教えてあげたら、すぐに覚えました。

覚えたというより、そこで一度排泄したことにより匂いが付き、ここがトイレなのだと認識したようです。

 

基本的には猫に便をペットシートや他の物(ティッシュや新聞紙など)にさせて、その便をトイレの中に入れ匂いをつけます。

もし失敗してもこれを繰り返し、トイレの場所を覚えさせるようにしましょう。

また、猫はきれい好きです。

 

いくら匂いがついていても、尿や便がたくさんある状態のトイレでは排泄することを嫌います。

飼い主としてはいつも清潔に気持ちいいトイレを保ってあげましょう。