食いつきが良い猫に人気なドライフード5選

キャットフード

猫にどんな食べ物を与えていいか悩むと思います。

毎日の食べ物なので、食いつきが良いのももちろんですが、値段とも相談です。

 

やっぱりドライフードが一番

主に猫に与えるエサは「ドライフード」と「ウエットフード」が主流だと思います。

我が家の猫も両方とも好んで食べていましたが、時にドライフードだけ食べる時期やウエットフードのみを食べる時期もありました。

その中でやっぱり主食となるのが「ドライフード」です。

 

グルメな猫

中にはグルメな猫もいます。

いつも食べているメーカーが変わると嫌がって食べなかったり、食べる量が少なくなったり。。。。

何でも食べることはありません。

 

舌が肥えているようにも感じました。

そんな猫は我が家だけではないでしょう。

 

グルメな猫にぴったりのドライフードをご紹介します。

 

カナガンキャットフード

イギリス生まれのドライフードです。

人工添加物不使用で安心して愛猫に食べさせてあげることができます。

食いつきも良いと評判です。

 

その理由としては、たんぱく質が他のフードと比べて良質であることです。

また、ドライフードの中には防腐剤やかさ増しに様々な原材料を使用しています。

 

それゆえ、人間は口にしようとは思いませんが、カナガンは人間でも安心して食べられるようなものばかりで作られています。

主成分は鶏肉です。

 

ピュリナ ワン

このドライフードは年齢別や健康状態など細かく種類別されています。

価格も手頃です。

特に多種類の中で人気なのが「避妊・去勢した猫の体重ケア」です。

避妊、去勢は猫の為にも人のためにも必要となってきています。さらに室内飼いになると運動量も減るので体重管理が愛猫の健康のためには重要です。

そんな猫に向いています。

くいつきがよいのに健康維持ができるのは嬉しいです。

 

シンプリー

小麦やトウモロコシといったものの消化が猫は苦手で、体に負担がかかります。

できるならそういった「かさ増し」に利用されているものが少ないもののほうが、健康で長生きできます。

 

生サーモンを主として数種類の魚がブレンドされているため、香りも味もよく、猫にとっては大満足のフードです。

野菜や海藻も含まれているため、お通じの心配もありません。

 

Orijen(オリジン) キャット&キトゥン

このフードも、猫が苦手とする穀物を除去したものです。この除去したものを「グルテンフリー」と呼びます。

原産国やアメリカで、主の食材は鶏肉です。

 

その他にも野菜や魚の練りこまれており、美味しく食べることができます。

値段は高価ですが、安全に食べることができるので飼い主にしてみれば関係ないかもしれません。

元気がない猫が食べると評判です。

 

モグニャンキャットフード

食べがとにかくよいと評判です。

このフードもグルテンフリーで、安心してた与えることができます。

 

市販されている安価なフードに比べれば値段は高いですが、質を考えるとうれしい価格です。

白身魚のタンパク質が豊冨にとれ、健康維持に繋がります。

添加物もなくうれしいです。

 

まとめ

グルテンフリーの安全なフードを与えたいですが、嗜好は猫によって様々です。

高価なものがよいとばかり限りません。

 

そして新たなフードに変わる時は嫌がる猫もいるでしょう。

うちの猫は結局、太りやすいのでピュリナワンに落ち着きました。

 

価格帯も安く、健康にも良いし、食いつきも良かったです。

毎日食べても飽きないですし、味もバリエーションがあるのも良かったです。

最初はAmazonで購入していましたが、「定期お届け便」があるのでピュリナワンのHPで買ったほうがポイントも付くしトータル的に安かったです。


便利でお得な定期お届け便【ピュリナ ワン キャット】